>> ブログトップへ   >> ブログの一覧へ

くり返しの地震に強い「制震スーパーウォール」新発売

投稿日時:2013/11/21(木)

top.jpg                    

LIXIL(リクシル)は、トステムブランドから、高耐震な住まいとして発売以来地震による
全壊0棟の実績を誇るスーパーウォール(SW)工法住宅の高断熱壁パネルとして、
制震機能を取り入れた「制震スーパーウォール」を開発し、2013年10月から発売を開始しました。


3%E5%A4%A7%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88_edited-1.jpg

%E3%81%8F%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%81%97.jpg

制震でない住宅は、大きな地震に遭った後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなります。
それに比べて制震住宅は、何度揺れが来ても変形が進みにくく、本震だけでなく、くり返しの揺れ、
余震にも強い住宅が実現できます。

%E5%A4%89%E5%BD%A2%E9%87%8F.jpg

地震による建物の揺れ幅を比較してみると、制震でない住宅の揺れ幅に比べ制震住宅の揺れ幅は
およそ2分の1。制震でない住宅が40mm変位して筋交いが折れるのに対して、制震住宅は20mmの
変位で壁紙が破れる程度の被害という実験結果となりました。

%E5%AE%B6%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%81%94%E3%81%A8.jpg

部分的に配置する制震装置と異なり、建物の構造パネルに制震機能が加わるので、
建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑え、大きな地震に対しても
粘り強い住宅となります。


%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0.jpg
<制震スーパーウォールのメカニズム>


SW%E5%B7%A5%E6%B3%95%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6_edited-1.jpg

LIXILが開発した独自の高性能スーパーウォール・パネルを用いた、
高気密・高断熱・高耐震構造の工法です。地震への安心感や、優れた省エネルギー性能はもちろん、
冷暖房や計画換気システムを組み込むことで、快適な温熱環境を実現しました。
累計棟数は、1995年の発売以来約40,000棟(2013年9月末現在)にのぼります。
SW工法住宅の高断熱壁パネル「制震スーパーウォール」は、新たな制震機能として、
ブチルゴム系素材を住宅用に加工した粘弾性体の「制震テープ」を柱に固定する面に追加し、
地震の際に制震テープが揺れのエネルギーを熱エネルギーに変えて吸収します。


いつ起きてもおかしくない地震。「自宅の安全、家族の安全」にそなえたいですね。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。


設置・ご相談をご希望の方は、下記へお問い合わせ下さい。

201204091609_1.jpg


201204091609_11.gif

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:くり返しの地震に強い「制震スーパーウォール」新発売

(ブログタイトル:新商品紹介 - 工務店の注文住宅・リフォームの施工例を検索:iecoco(イエココ))

ブログトップ«前へ次へ»